公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 男性の育休に助成金 政府、大企業は30万円、中小60万円 の感想 | トップページ | スッキリ!! 宮崎謙介議員不倫事件報道の感想 »

2016/01/31

依然としてトランプリードで困ったことに

 アイオワ党員集会の世論調査は、30日のデモインレジスター・ブルームバーグがトランプ28%、クルーズ23%、ルビオ15%、29日のGravisがTrump 31, Cruz 27, Rubio13, 28日のNBC/WSJ/MaristがTrump 32, Cruz 25, Rubio 18である。http://www.realclearpolitics.com/epolls/latest_polls/
 PBSニュースの録画を見ましたが、クルーズがアイオワで苦戦している理由として、「2007年エネルギー独立・安全保障法」がアメリカ国内に供給されるガソリンにバイオ燃料(エタノール)を10%混合させるとしていることに反対しており、エタノール混合に反対しているはクルーズと、ランド・ポールだけということです。
 アイオワはトウモロコシ農家が多く、エタノールが重要な産業なので逆風になっている。サウスカロライナに期待するほかないです。

« 男性の育休に助成金 政府、大企業は30万円、中小60万円 の感想 | トップページ | スッキリ!! 宮崎謙介議員不倫事件報道の感想 »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

ヒラリーが当選しなければ、とりあえずはそれでいいです
詳しくは知りませんが、ヒラリーもその夫のビルも筋金入りのフェミだそうですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 依然としてトランプリードで困ったことに:

« 男性の育休に助成金 政府、大企業は30万円、中小60万円 の感想 | トップページ | スッキリ!! 宮崎謙介議員不倫事件報道の感想 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築