公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その2 | トップページ | EU労働時間指令を廃止しないかぎり欧州に未来はない(再掲) »

2016/06/22

非嫡出子相続分差別違憲判決の対抗措置ということなら反対はしない

 朝刊でみたhttp://www.sankei.com/affairs/news/160621/afr1606210033-n1.html法制審議会民法(相続関係」部会中間試案の配偶者の遺産相続拡大、結婚20~30年の夫婦は現行2分の1から3分の2にするなどの案だが、八木秀次氏が、『正論』の記事で非嫡出子相続分違憲判決の対抗措置として検討していくことになる云ってたように記憶している。基本的は私は民法とか刑法とか法律を安易に変えることを好まない主義だが、嫡妻への相続を増やす意味が、家業の継承や非嫡出子への流出を減らすためという趣旨で合理性があるなら特に反対はしない。

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その2 | トップページ | EU労働時間指令を廃止しないかぎり欧州に未来はない(再掲) »

民法改正問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その2 | トップページ | EU労働時間指令を廃止しないかぎり欧州に未来はない(再掲) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

世界旅行・建築