公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その4 | トップページ | 横綱昇進基準は厳しすぎないか »

2016/07/24

冷静な東スポ報道、ポケモンGO「業績の影響は限定的」

 世界的大ヒットでツイッターのアクティブユーザー越えと伝えられているポケモンGOだが、22日任天堂が「当社の連結業績に与える影響は限定的」と云う声明を出した。http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1607/22/news144.html このアプリは米企業Nianticが開発・配信し、任天堂の関連会社であるポケモンはライセンス料と開発運営協力への対価を受け取るだけ。ポケモンについて保有する議決権32%に応じる形で反映されるにとどまるため。これは23日発売の東スポの報道で知った。
 失われた30年の日本で久々に景気のいい話だと思っていたが調べてみると、ARなど革新的技術は、グーグルの残党が作った会社のもので、日本のものではないようである。
 勿論任天堂は組合不在企業で、故人の岩田社長とは同じ年代なので、低迷から脱出したのは喜ばしく思うけれども、20年前のポケモンのリバイバルというだけで新味はなく、社会主義政策を進めるアベノミクスよりはるかにましだが、トレーナーが外を歩き回るだけで景気回復の起爆剤になるのかなお疑問がある。

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その4 | トップページ | 横綱昇進基準は厳しすぎないか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷静な東スポ報道、ポケモンGO「業績の影響は限定的」:

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その4 | トップページ | 横綱昇進基準は厳しすぎないか »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築