公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメントその2 | トップページ | 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その18 »

2016/09/29

久しぶりに宮崎緑氏が週刊誌ネタに

文春を読みましたが、「生前退位」有識者会議メンバーとなった宮崎緑氏の現在の肩書きは千葉商科大国際教養学部長、東京都教育委員なのだそうですが、ジャーナリストとして際だった主張はなく無難とみられての起用らしい。相棒だった木村太郎氏は、共和党びいきというか、反リベラルのコラムを書いているのでだいたい立場がわかるが、どういう色の人かよくわからないのである。

ただスポーツキャスターとしては疑問を持った。というのは当初宮崎緑氏はナイターの結果と途中経過などをアナウンスする役で、メインのニュースは読んでいなかった。

近鉄バファローズの鈴木康二朗投手を、鈴木康友と間違える初歩的なミスをしてました。鈴木康二朗はリリーフエースで、最多セーブの記録もある主力選手であり、ヤクルトでも活躍していたから、パリーグのファンでなくても野球ファンならまず知っている投手。当時鈴木康友は巨人なので知名度はあったが一軍半なので格が違う。自分は近鉄ファンだったのでNHKに抗議したか、昔のことなので忘れてしまったが、これは記憶に残っている。

« 民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメントその2 | トップページ | 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その18 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに宮崎緑氏が週刊誌ネタに:

« 民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメントその2 | トップページ | 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その18 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築