公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その17 | トップページ | 民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメントその2 »

2016/09/27

民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメント

以下を法務省に出しました

民法731条改正(男18歳女16歳の婚姻年齢を男女とも18歳とする)に強く反対

百歩譲ってもドイツのように一方が18歳以上なら16歳で結婚できる法制が望ましい

 

 

1)米英独仏といった主要国では女子16歳は法定婚姻年齢であり、女子18歳引き上げが世界的趨勢というのは真っ赤な嘘である。

 

 イギリスが男女とも16歳が法定婚姻適齢である(正確にはイングランドが16~17歳は親の同意要、スコットランドは親の同意も不要)。ドイツは成年である18歳を基準とするが、未成年者においても配偶者が成年であるという条件で16歳以上で婚姻の可能性を開いている。つまり男女を問わず結婚相手18歳以上なら16歳の婚姻を可としている。16-16はダメだが、18-16なら良いというものです。フランスは男18歳、女15歳(例外規定もある)であるが、それが差別だとは論じられていないとする。

 アメリカ合衆国は、50州及びDistrict of Columbia and Puerto Ricoの法定婚姻適齢についてコーネル大学ロースクールLIIMarriage lawsのサイトを見てくださいhttp://topics.law.cornell.edu/wex/table_marriage。各州の婚姻適齢の一覧表があります。マサチューセッツではコモンローの婚姻適齢男14歳、女12歳が今でも生きている。

 1970年以前は18-16のケースが多かったのですが、アメリカでは古くから統一州法全国委員会が主体となって統一州法というものが幾つかあり、婚姻法についても一定の方向性を打ち出している。これは拘束力はないが、男女とも16歳を婚姻適齢とし、18歳は親の同意を得ないで結婚できる年齢とするもので、16歳未満についても裁判所の許可で婚姻が可能なモデルで、各州で70年代以降部分的に採用されてます。その場合でも、統一州法のモデルどおり男女とも16歳を法定婚姻適齢の基準としている州が圧倒的に多い。私が数えたところでは50州のうち41州は16歳女子は文句なしに婚姻適齢とされています。17歳、18歳を基準とする州でも例外規定があるケースが多い。さらに16歳未満でも例外規定で裁判所の許可により結婚可能としている州が結構多く、男女差をなくす場合でも、16歳、17歳の結婚の可能性を否定することにはなっていないんです。

 法制審議会は、男女とも婚姻年齢を18歳以上とするのが世界的趨勢とか言ってますが、嘘ですね。悪質にも国会と国民をだましているんですよ。ソ連やスウェーデンがそうかもしれませんが、米・英・独・仏といった主要国では16歳女子は結婚できることになっています。

 

2)野田愛子氏の見解を無視すべきでない。

 

「統計的に、16、17歳で婚姻する者は、〔年間〕約3000件あるそうです。私の家庭裁判所判事当時の経験に照らすと、16、7歳の虞犯の女子がよい相手と巡り会って、結婚させると落ち着く、という例も数多く経験しています。あながち、男女平等論では片付づかない問題のように思われます。」改正は望ましくないとする野田愛子氏のような家庭裁判所の実務家の見解(戸籍時報419号)を無視していることが疑問です。家庭環境に問題があり「非行」に走る少女も結婚すると落ち着くということです。結婚が解決策になるのです。人間学的に言えば、喜びと苦労を分かち合うことで喜びは倍になり、苦しみは軽減され、人生の困難を乗り越えていくことができるのです。従って必ずしも恵まれていない環境にある若い女性から法定婚姻資格を剥奪するのは過酷であると私は考えます。なるほど、16歳、17歳女子が結婚するカップルは、年間3000組程度ですが、全体数からみて少ないから切り捨てよというのは乱暴な議論であり、人情にも欠くものです。結婚し家庭を築くことは幸福追求にかかわる基本的な価値でありますから、安易に伝統的に容認されていた婚姻適齢での婚姻資格を剥奪することは、個人の幸福追求権より形式な平等追求を重んじるもので賛成できません。

 

 ミルトンは16歳の美少女と、エマソンは17歳の美少女と結婚している。女性が一番美しいのは1617歳であり、明治時代の別嬪番付も18歳未満が多い。この世代の婚姻資格をはく奪すべきでない。ローマ法や古典カノン法14-12、コモンローも同じ。現在の教会法も1614であり、大唐永徽令1513で日本の律令も同じ。持統女帝が結婚したのも13歳であるように、人類史的にみれば東洋が数え年のため、女性は成熟する12歳が法定婚姻年齢でありそのような大局的見地でも反対である。三船美佳のように16歳で結婚したい女性の権利のはく奪に強い不快感をもつ。

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その17 | トップページ | 民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメントその2 »

民法改正問題」カテゴリの記事

コメント

思春期の少女の、熟れ始めたばかりの瑞々しい肉体は本当に素晴らしい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメント:

« 地方公営企業職員の争議行為及び争議付随行為に対してどのような責任追及ができるか(下書)その17 | トップページ | 民法の成年年齢の引下げの施行方法に関すパブリックコメントその2 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

世界旅行・建築