公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« がっかりした藤井四段の進学選択 | トップページ | 「貴乃花の乱」の感想 »

2017/10/31

「95箇条の論題」宗教改革から500年

 1517年10月31日マルチン・ルターがヴッテンベルク教会に「九十五箇条の論題」をハンマーで打ちつけてから、ちょうど500年である。もっともそれが掲示されたかどうかの史実は定かでない。マインツ大司教に10月31日付けの手紙を送ったことは確かだという。(小田部進一『ルターを今考える』日本キリスト教団出版局66頁)
 ルターの事績については関心はあるが、特別談話を用意する余裕がなかった。分裂気質的な性格の典型的な人である。善人になる必要はないというのがすごい思想だと思う。どんな努力して善を一貫してなすことはできない。パウロも悩んだしアウグスティヌスもルターも悩んだ。キリストは悪魔に対する悪魔だったという。キリストにならって悪魔になるべきだ。
 だから人は悪人であってよいのである。世の中は悪と腐敗に満ちている、悪に対する悪魔は裏返せば善という逆説がいかにも分裂気質的な思想といえる。
 社会が世俗化されすぎている。世俗化すればするほど、マルキストやジェンダー論、世俗的ヒューマニズムのような新奇な思想が幅をきかせることになって有害だ。
 人間はアダムの罪により倫理的に致命的に腐敗しているというアウグスティヌス以来1500年の伝統にそえば、人間の尊厳だの人権などというのは驕りであり、とりわけ国連などの世俗的組織が扇動している世俗的ヒューマニズムこそいかがわしい。
 世俗的ヒューマニズムに乗った過剰福祉の政治うんざり。保育園に落ちようが、過労死しようがそんなことにかまう必要などないですよ。教育は家庭の私的自治で干渉せず、労働は契約の自由な事柄にしてレッセフェールにしたほうが、よっぽど経済は拡大する。
 今こそ信仰覚醒運動が必要なのではないか。昔の人は死後の安寧と幸福に強い関心をもっていた。人生なんてたかがか長くて70年かそこらにすぎない。死後は気がとおくなるほど長い。そちらのよっぽど重要なのである。
 

« がっかりした藤井四段の進学選択 | トップページ | 「貴乃花の乱」の感想 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

早くこの世の終わりが来て欲しい
そして、思い上がり驕り高ぶったフェミ女どもが永遠の地獄に投げ込まれればいい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「95箇条の論題」宗教改革から500年:

« がっかりした藤井四段の進学選択 | トップページ | 「貴乃花の乱」の感想 »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

世界旅行・建築