公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

州公務員団体交渉制度オーバーホールの動き-注目州

合衆国-労働サイト(アンチ・ユニオン系・その他)

合衆国-連邦政府行政

合衆国-州政治

Reference Sites

« 東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)の概要への意見  確定版その2 | トップページ | 谷川とむ議員を支持します »

2018/07/25

杉田水脈議員の「LGBT」支援の度が過ぎるという記事に賛同しますよ

 杉田水脈議員の『新潮45』の記事読みましたが、賛同します。子育て支援や不妊治療の税金投入は少子化対策という大義名分があるが、LGBTカップルのために税金を使うことに賛同はえられないという脈絡で「生産性」という言葉を使っており違和感はない。こんなことでヘイト呼ばわりされたら国会議員は政策を論じられなくなる。
 プラトンは生殖と無関係な不毛な交わりを反自然的行為とし、男色行為は、一方の男性を女性の地位に下落させるので禁止すべきとした。
 アリストテレスは神に祝福される結婚という形態を介しての生殖行為は自然な行為なので善、同性愛、獣姦そのたの不自然な性行為は悪。ソドミー、肛門性交を反自然的行為として道徳的に承認しないのは西洋文明では正統的な思想であり規範であった。
  わたくしは、次世代育成支援とか、少子化対策も事実上特定階層の利益になるだけのものとして反対ですが、同性愛パートナーシップの保護はなおさら反対。法律婚と同等のペネフィット、税法上の控除や免除、寡婦、寡夫年金、配偶者医療保険を与えることに反対である。

« 東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)の概要への意見  確定版その2 | トップページ | 谷川とむ議員を支持します »

性・精神医学」カテゴリの記事

コメント

子育て支援には断固反対
男性の場合、未婚者には低所得者が多く既婚者には高所得者が多いので、子育て支援=増税は低所得者から高所得者への所得移転にしかならない
明らかに弱者搾取&強者総取りの格差拡大政策だ
絶対反対
 
特に高学歴エリート女が「ワークライフバランスのために子育て支援の充実を」とか言っているのを見ると、マジで殺意が沸いてくる
勝ち組女がキャリア・高収入・子供の全てを手に入れるために、負け組の底辺低所得独身男性は重税を納めてそれを支援せよと言っているのだ(→勝ち組女が全てを手に入れるために、負け組男性から全てを奪い尽くす)
フェミニズムとは、男女平等(女の仕事育児両立)を口実に、強者が弱者を搾取することを正当化するための思想ということだ
フェミニズムは弱者男性の絶滅を公言する強者女のイデオロギーなので当然と言えば当然だが
 
男性はたとえ貧しくて結婚できなくても、女はそれで容赦してくれる生き物ではないのである
女はまるでハイエナの如くに、男性の骨までしゃぶり尽くしてしまうのである
女とは、死にかけている男性をどこまでも追いかけてその最後の息吹を吸い取る死神であり、哀れな男性はこの死の手から決して逃れることのできない運命なのである

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48533/66986268

この記事へのトラックバック一覧です: 杉田水脈議員の「LGBT」支援の度が過ぎるという記事に賛同しますよ:

« 東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)の概要への意見  確定版その2 | トップページ | 谷川とむ議員を支持します »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界旅行・建築

シンクタンクその他

リポジトリ及び電子化した研究紀要等のリンク