公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 春闘ワッペンの法的評価(その2) | トップページ | 「東京都子供への虐待の防止等に関する条例(仮称)骨子案」に反対する意見 »

2018/12/25

東京都子供への虐待の防止等に関する条例に反対

 子育ては私事であり、子供の躾に地方公共団体による干渉、バターナリズムに強く反対するので条例それ自体に反対である。私は、私的自治、親の監護教育兼、身上統制権の干渉として特に保護者に 「 子供の健全な育成を図ること。体罰その他の品位を傷つける形態による罰を子供に与えてはならない」などと特定の価値観を義務づけることが非常に不愉快である。
 親の監護教育権の干渉こそ脅威。信教の自由の侵害にもなりうる。子供をペットのように可愛がる必要などなく、悪い癖を矯正するため体罰も必要で、厳しく育てたほうがよい。芸能の伝承など子供の頃から体で覚えさせるのは当然のこと。子育てを社会でコントロールしようとするのはレーニン主義、社会主義者のやることで、こういう政策はやめるべきだ。昔なら子供なんて不幸な環境に生まれて社会を呪うただけの厄介者という認識だったし、なにがあれ格別同情する必要などない。生活を脅かすわけでもない他人の子育てに関心を持てという政策自体が余計なお世話で異常。

« 春闘ワッペンの法的評価(その2) | トップページ | 「東京都子供への虐待の防止等に関する条例(仮称)骨子案」に反対する意見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

子供なんて欲しくない
負け組が子供を作っても不幸を再生産するだけ

今の世の中、決して男児を生んではいけない
男女平等の社会に男として生まれてくる意味なんて何もない
男女が平等なら、男には存在価値はないのだから
価値があるのは極一部の勝ち組男だけ
よって自分の子供も勝ち組にできる可能性が高い勝ち組男以外は決して男児を儲けてはいけない
普通以下の人間が男児を儲けても不幸にするだけ

>男女が平等なら、男には存在価値はない
そのとおりだと思う。男性が神の似姿として創造され、女は助け手であったはず。夫が家長で家庭という小さな教会の主教の地位にあった、いつのまにか男が助け手の地位に転落し、物袋さんみたいに子供が好きでもないのにイクメンをしないとけしからんといわれる状況だ。もっとも私のように負け組男の多くは結婚出来ないし自然淘汰されるだけですが。

川西さんの信心深さには頭が下がります(決して皮肉ではありません)
私も以前は神を信じていました
しかし今はもう信じていません
 
なぜ神がこんな不公平な世界を創ったのか分かりません
もし本当に神がいるなら、もう一度男と女の創造からやり直すべきです
全ての男に付加価値を与えるべきです

四年前に大竹文雄阪大教授の見解「相対的貧困率の上昇は男女平等に原因がある」http://antilabor.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-c998.html 中央公論2015年4月号(129巻4号)から引用しましたが 。有名な経済学者がいうんだから間違いないですよ。
私は、特に80年代の中等教育で家庭科男女共修[こんなばかなことをやっているのは日本だけ]、女子差別撤廃条約批准[米国は批准してない]あたりから、女性政策は間違っていると思いますが、結局一連の女性政策は特定の階層だけが受益者となるクラス立法で、男性の非正規雇用が増加し、所得の不安定な男と結婚せざるをえない女も負け組になる運命にある。均等法、次世代育成支援、育休、ポジティブアクション、ワークライフ云々、労働時間規制、セクハラ、マタハラ、教育無償化、政策を打てば打つほど少子化が進み、相対的貧困率が上昇するなら余計なことはなにもしない政治がよかったといえます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都子供への虐待の防止等に関する条例に反対:

« 春闘ワッペンの法的評価(その2) | トップページ | 「東京都子供への虐待の防止等に関する条例(仮称)骨子案」に反対する意見 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界旅行・建築