公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月の3件の記事

2019/06/30

フォルクスワーゲン・チャタヌーガ工場UAW交渉代表選挙僅差で敗北

 テネシー州のフォルクスワーゲン・チャタヌーガ工場で六月、UAWのチャタヌーガ工場交渉代表選挙が行われ、僅差で反対票が上回り、かろうじて組織化を阻止したと報道されております。  https://www.reuters.com/article/us-volkswagen-union-vote/vws-tennessee-workers-vote-against-union-representation-idUSKCN1TG014
 1935年全国労使関係法(NLRA)は、我が国のように1つの事業所に複数組合が併存することのない排他的交渉代表制度をとっているが、労働組合が承認され団体交渉権を得るには、適正な交渉単位で従業員の3割の署名によりNLRB(全国労働関係局)の監督下の選挙で、過半数の支持を得て認証を受けた組合だけである。
  つまり、交渉代表選挙にもちこむ段階でまずハードルがある。そのうえ交渉代表選挙で勝たないと組合は承認されない制度で、会社側も対抗した言論活動ができるので、否決されることも多いのである。
  組合が組織化されると、制限的労働規則に縛られ、人員の配置が硬直化し仕事の効率が悪くなるほか、日本のような内部昇進のような制度は組合のない企業でとられているので内部昇進を望む人や、組合不在企業も風通しのよい企業風土や従業員にフレンドリーな政策で努力しているから、組合を望まない従業員も多いのである。
  一般に南部では組織化が難しいとされるが、フォルクスワーゲン工場にはUAWが攻勢を仕掛けていた。組織化にいたらなくてほっとしている。

2019/06/19

今日も不愉快

  体罰禁止成立、親の懲戒権見直し。全く不愉快だ。大体子供なんて、大人の言うことをきかない。生意気で憎たらしいだけで、勝手に他人の家の冷蔵庫を開けたり、手癖の悪い子どもはひっぱたいてやらないとどうしようもないでしょ。
  週刊スパ6月25日号の鈴木涼美の気の利いたコラムを読みましたが、働き方改革関連法批判は概ね同感。安倍がもともと左翼体質か、独裁権力維持のため争点潰し政策といえるが本当に良くない。
  関係ないことだが、体罰で思い出すしたのは、 私は幼稚園教諭にSMみたい手を手ぬぐいのようなもので縛られたことがある。勝手に犯人にさせられて、自白して謝れば許すから自白しろと言うんですね。結局、違うなら真犯人を教えろというがそれは性格的にできなかった。結局自分がやってない罪をかぶって虚偽の自白をせざるをえなかった。その教諭は、その直後、結婚で退職しました。でもその程度のことはどうということではありません世の中はもっと汚いそういうもんでしょと思っていた。俺を犯人にきめつけておいて実はラブラブだったんだな、だから女は信用できないとその時思った。
  

2019/06/18

ケーキショップは宗教的信念により同性婚のウェディングケーキの注文を拒否できる

 2018年6月5日の連邦最高裁判決Masterpiece Cakeshop, Ltd. v. Colorado Civil Rights Commissionは宗教的信念によりゲイカップルを祝うカスタムウェディングケーキの提供を拒否したケーキ屋さんがコロラド州の差別禁止法違反とされ、コロラド市民権委員会は会社の方針の従業員の再教育を要求したうえ、サービスを拒否したケーキ屋さんに対してナチ呼ばわりし、奴隷所有者、同性愛恐怖症、頑固者その他の暴言が吐かれ、利益の大きいウェディングケーキ事業から撤退せざるをえなくなったというものである。
 最高裁は7対2でケーキ屋に有利な判決を下した。判決は市民権委員会の事件の扱いには、彼の異議、誠実な宗教的信念に対して明確で容認できない敵意の要素がいくつかあり、コロラド州法は宗教にもとづく差別を禁止しており、法律の公正な施行でなく不適切な対応としている。なお、この判決は憲法上の権利には踏み込んでいない。
 CNNのブレーキングニュースhttps://us.cnn.com/2019/06/17/politics/supreme-court-lgbtq-religious-liberties-oregon/index.htmlでは、後続する同類の訴訟を連邦最高裁が棄却、オレゴン州の裁判所に差し戻し、Masterpiece Cakeshop事件判決に沿った再考を求めるものと解説してます。
 私は自由企業体制では事業の自治、取引自由が最も重要な価値という立場(古典的自由主義)からこの判断を支持します。社会主義者や人権派は、私的自治、宗教的信念、取引自由、営業活動、雇用判断に干渉し自分たちの都合のように縛ろうとするために政府を利用するがうんざりだ。
 また、スティーブン・パノンのような立場、伝統的なユダヤ・キリスト教的規範・道徳の枠組を死守すべきとする立場にも共感します。社会があまりにも世俗化されすぎた。ここ20年くらいの新奇な考え方より2500年の西洋文明の価値、聖書のほうがずっと安心できます。米国は宗教の自由の最後の砦になるだけでも価値がある。
 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界旅行・建築