公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 第五次男女共同参画基本計画に選択制夫婦別姓推進を盛り込むことに反対 | トップページ | 第5次男女共同参画基本計画 選択的夫婦別姓 反対 その2 »

2020/12/06

第5次男女共同参画基本計画原案 選択的夫婦別姓導入に前向きな方針に 反対

  明治民法起草者穂積陳重・富井政章・梅謙次郎の三者のうちもっとも強く夫婦同氏を推進したのが梅謙次郎である。梅は儒教道徳より愛情に支えられた夫婦・親子関係を親族法の基本とし、士族慣行より、庶民の家族慣行を重視した点で開明的だった考える。つまり進歩的な民法学者が夫婦同氏を強く推進したのであって、その趣旨は今日においても全く妥当である。要約すればそれは

 

◎夫婦同氏は婚入配偶者が婚家に帰属する日本の「家」、家族慣行に慣習に合致する。(明治民法施行前から実態として夫婦同氏だった)

 

 ◎ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア等の法制が夫婦同姓でありそれに倣う。欧米の単婚家族におけるファミリーネームの継受。

 

  これは夫婦同氏()が日本の家族慣行に合致するとともに、欧米の家族慣行にも合致しているものと評価できるのである。日本の伝統的な家族観も生かし、欧米の友愛結婚の理念にも合致する。

  梅は法典調査会で、漢土法に倣って夫婦別氏とすべきという一部の意見に強く反対し、日本の慣習では妻が夫の家に入ることが慣習である以上、実家の苗字を唱えることは理屈にあわないとはっきり言っている。

 

自民党に意見を出しました。12月8日に部会があるそうなので、ぜひ潰してほしい。

« 第五次男女共同参画基本計画に選択制夫婦別姓推進を盛り込むことに反対 | トップページ | 第5次男女共同参画基本計画 選択的夫婦別姓 反対 その2 »

夫婦別姓等民法改正問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第五次男女共同参画基本計画に選択制夫婦別姓推進を盛り込むことに反対 | トップページ | 第5次男女共同参画基本計画 選択的夫婦別姓 反対 その2 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築