意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月の1件の記事

2021/05/27

LGBT法案止めてください

   突然のメールの無礼お許しください。軽輩で僭越ですが、LGBT法案なんとか総務会で止めてください。

 聖書はもちろんのこと、プラトンは生殖と無関係な不毛な交わりを反自然的行為とし、男色行為は、一方の男性を女性の地位に下落させるので禁止すべきとした。アリストテレスは神に祝福される結婚という形態を介しての生殖行為は自然な行為なので善。同性愛、獣姦そのたの不自然な性行為は悪。ソドミー、肛門性交を反自然的行為として道徳的に承認しないとしたのは西洋文明では正統的な思想であり規範であった。

 1986年バウアーズ対ハードウィック事件、男色行為に刑罰を処す州法を合憲(2003年に判例変更)とした判決でバーガー合衆国最高裁長官の補足意見は「至福千年の道徳的教訓を棄て去ることはできない」と述べた。社会の基盤となる道徳を重んじる立派な意見だと思う。近年世界的に急激にLGBTの権利拡張が進んでいるが、私は快く思っていません。

 聖書、プラトン、アリストテレスといった西洋文明の基本的、あるいは正統的な思想を重んじる人々が差別主義者と攻撃させるような社会はごめんです。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年6月 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31