公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案は排除すべき--「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議批判その1 | トップページ | 内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案は排除すべき--「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議 を批判する その3 »

2021/08/26

内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案は排除すべき--「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議批判 その2

承前 動画作成用の台本

 

「女性宮家」は夫が世にある限り女性当主はありえない日本の家族慣行を否定する重大な文化破壊になる

 

 今日の女性宮家の議論は、不婚であること前提としておらず、英国王室のような女性当主、プリンスコンソート(王配)類似の新しい身位の創出を前提としていることが問題だ。

 しかし有識者会議は、摂政や国事行為臨時代行たりうる皇族数の確保を喫緊の課題として、女性皇族を皇室に残すが、配偶者と所生子は、当面は皇族とせず、女系を容認するか否かは先送りにして既成事実として進めていこうという案が検討されているとの報道がある

 

 プリンスコンソート類似の制度を創設せず女系容認の論議を先送りにすればハードルが低くなるという判断のようだが、しかし夫となる男性の身分、地位構成(ステータスシステム)が不確定で女性皇族の添え物扱い。夫婦別性の事実婚のような前例のない歪で醜悪な制度あり、非常に不自然なものといえる。

 

〇内親王・女王は婚姻関係にあるかぎり、后妃以上になれないという鉄則は踏まえなればならない

 

    皇統嫡系の内親王が入婿的に傍系の男性皇族と婚姻するケースはしばしばあるが、内親王は婚姻関係にある限り皇后以上にはなれない。つまり家附き娘的立場にある内親王であってもが結婚した場合、当主にはなりえない。

 

 皇族どうしの婚姻では、嫡系の親王であれ傍系の諸王であれ、即位するのは男性皇親、嫡系の内親王であれ、傍系の女王であれ女性皇親が皇后か妃と決まっている。

 ここでは、皇統嫡系でしかも、皇子がいない状況での内親王について、井上内親王、昌子内親王、欣子内親王について取り上げる。いずれも入婿的な婚姻で配偶者が天皇である。

 例えば聖武皇女井上内親王は嫡系の皇統だが、皇后であって、御配偶の傍系皇親である大納言白壁王(天智二世王)が光仁天皇。なお皇后井上内親王は光仁崩後、太后臨朝称制型の中継ぎの女帝として即位する可能性があり、宝亀2年(772)廃后事件[近江昌司, 1962] [榎村寛之, 2007]はそれを阻止するための謀略である蓋然性が高いとされる。

 

 重要なことは、井上内親王は聖武皇女で嫡系皇統(草壁皇統)であり斎王でもあったが、天智二世孫白壁王と結婚した以上、皇后に冊立されても、「夫帝優先の原則」により配偶者の白壁王をさしおいて即位することはできないということである。

Photo_20210825215001 

 10世紀の朱雀皇女昌子内親王も嫡系の内親王といえるが、皇后であって、御配偶の憲仁親王が冷泉天皇。憲仁親王の元服当日、昌子内親王(13歳、満11歳)が入内した [河村政久史, 1973]

 このイトコどうしの結婚は天暦太后藤原穏子の既定方針による婚姻だが、冷泉天皇は奇行で知られ、わずか2年で譲位しているが、だからといって昌子内親王が即位するというジェンダー役割の代替はありえないのである。

4_20210825215601

 イトコどうしといえば、敬宮愛子内親王殿下と悠仁親王殿下が仮に結婚した場合は、令制の慣例にあてはめても、やはり「夫帝優先の原則により」敬宮愛子内親王殿下は皇后であり、悠仁親王殿下が天皇であることは自明である。そのために冷泉天皇の前例を示した。

 

 近世では後桃園天皇が後嗣なく早世し、遺児である皇女欣子内親王を皇后に立てることを前提として、傍系の閑院宮典仁親王息祐宮(光格天皇)が大統を継承しているが、嫡系の欣子内親王はあくまでも皇后。「夫帝優先の原則」により女帝はありえない。

 なお、江戸時代中期以降、昭和18年まで内親王が、伏見宮家に二方、閑院宮家に一方、竹田宮一方、北白川宮一方、朝香宮に一方、東久邇宮に二方嫁しているが、いずれも親王妃である。

 

Photo_20210827011201

 

 

 入婿的な傍系皇親が、添え物の配偶者となるなどということは絶対ありえない。女性宮家の女性皇族の当主の配偶者は皇位継承を想定していないしても、当主となりえない入婿というのが大問題で、皇室のみならず、庶民の家族慣行に反し受け入れがたいのである。

 

 我が国の庶民の家族慣行では入婿は次期家長として迎えられる。この慣習は、皇室でも欣子内親王の例などで皇室も同じことであった。

 皇室のありかたは影響が大きく、日本の家族慣行に反する次期家長になれない入婿という制度を創成することは、容認しがたい。

 

 

 人類学者の大御所清水昭俊氏(参考文献表参照)は厳密な定義で知られるが、「婿養子」という語を用いずたんに「婿」とする。なぜならば「嫁養子」という言葉がないので「婿」と「嫁」でよいということです。

 

 

 

• 日本の「家」の婚入配偶者の地位構成

 

 

• 婿とは次期家長である。

 

• 嫁とは主婦予定者である。

 

(家附き娘も嫁と同じ地位構成)

 

 次期家長(当主)でない婿、添え物的な婿というのは日本ではありえない。

 

 日本の家族慣行に著しく反しているので女性当主に強く反対である。

 

 ただし、寡婦が実子が年少である場合には、中継ぎ的に家長代行となることはありうるが、夫がこの世にいる限り女性当主はないというべきだろう。

 

 婚姻制度というのは性的役割分担があって成立しているものであり、家長、当主となれない入婿というものに価値はない。そのような男性の処遇は侮辱であり屈辱でありとても容認できない。

 

 夫婦別姓の事実婚のような変な制度をつくることは強く反対する。

 

 そのような女性宮家をつくるなら、持参金を2倍、3倍にして婚出する女性皇族を厚遇したり、いわゆる「皇女制度」のほうがはるかにましというべきである。

 

 

 日本の家族慣行については厳密な定義で定評のある人類学者の清水昭俊が1967年の出雲地方斐伊川下流の村落の調査にもとづき精緻な理論で「家」成員交替過程を明らかにした。

 

 家成員は、おのおの与えられた地位に伴う役割を分担するものとして家生活に参与する。家は集団として不定形ではなく、限られた数の地位が一定の秩序に配列されている。つまり家は、時間的に配列された夫婦の対の地位(前・現・次代の家長・主婦-下記参照)と排除予定者以外の地位を用意していない。

 

 日本では、入婿は次期家長として迎えられるのであって、実子であれ婿であれ男性が次期家長、嫁であれ家附き娘であれ主婦予定者である。

 

 家長と主婦というの定型のジェンダー役割である。それが日本の慣習ですよということです。

 

 

日本の「家」の成員の地位構成

 

 

 

〇前家長(おじっつぁんold man,grandfather)-前主婦(おばばoldwoman,grandmother)

 

〇家長(おっつぁんmale adult)-主婦(おばさんfamale adult

 

〇次期家長(わけぇしゅyoung fellow)-主婦予定者〈嫁(よめじょinMarrying young woman)

 

指称 門名+おじっつぁん

 

[清水昭俊1987 209]

 

 

 

 

〇日本の「家」とはこういうものスマートに理論化(清水昭俊説)

 

 

 

ア 家成員の資格

 

 家成員は実子、養子、婚入者3つの範疇と断言している。子供(実子・養子)と婚入者(嫁・婿)の2つの範疇と言い換えてもよい。[清水昭俊1973 62頁]

 

つまり、家成員の獲得とは、出生、家外からの婚入、養取である。

なお、清水は妻妾制の廃止された明治から昭和の「家」について論じており、近世においては密子・猶子というカテゴリーも認められるが、ここでは論外としたい。

 

 

 

イ〈家連続者〉と婚入配偶者

 

 清水が独自に定義している用語で、家長-主婦の地位構成で婚姻に先立って家の成員であった者を〈家連続者〉と定義する。つまり跡取息子、家付き娘等の範疇である。〈家連続者〉の配偶者、家外から婚入して来る者を、男なら婿、女ならという。婚姻は両性の個人の結合のみならず、家と個人の結合でもあり、この家を婚入者にとって婚家という。

 

 従って、この結合の終息は離婚ではなく、家との結合の断絶でありこれを不縁という。

 

 かくして、家連続者夫婦→子供の出生=次代家連続者獲得→(次代)家連続者夫婦という循環的な過程が繰り返されるのである[清水1973]

 

 

ウ 排除予定者

 

〈家連続者〉だけが、生涯、家の成員であり、その余の子供たちは婚姻より前に生家から離れなければならないの  で、これを排除予定者と定義する。

 家からの排除は、婚出、養出、分家設立3つの形態のみである[清水1973]

 

 エ 仏体系

 人は死亡時に所属した家の仏になる。仏には世代仏子仏2種類がある。世代仏(セダイホトケ)とは、清水が出雲の調査で発見した概念だが、日本の「家」の標準的な仏体系とみなしてよいと思う。

 

 これは、歴代の家長・主婦達であり、永久に年忌が営まれる。生前結婚し、家長・主婦に予定されながら、家長・主婦になる前に死亡した者、男の家連続者(家長予定者)が、結婚年齢に達しながら未婚で死亡した場合を含む。ただし婿、嫁で不縁とされた者、中継ぎとして分家した夫婦、女の家連続者については夫が世代仏にならない限り、世代仏とはならない]。一系列に配列された歴代の世代仏は、生きている家成員と、家の創始者(先祖)を結びつける媒体である[清水1987 208頁

 

 

オ 家成員獲得過程を規制する規則群

 

 

清水の学者としての能力の高さは、この精緻な規則群の提示によって明らかである

 

(A)最下世代を基点とした家成員を基点とした家成員獲得過程を規制する規則群

 

指定される〈家連続者〉とは

下の世代が上の世代に優先する

)上記の枠内で男子が女子に優先する。

)上記の枠内で年長者が年少者に優先する。

 つまり第一に最下世代夫婦の長男子、第二に長女子、第三に最下世代夫婦のうち家連続者の弟、第四に最年長姉妹である。

上記の可能性が不可能な場合は、家外から養子を求める。有力な家では血筋の中切れを嫌い分家から養子を求めるが、それは強制的な規則ではない。

 (B)最下世代夫婦に事故が生じた場合の対処を規制する規則群

)次代家連続者長男が結婚後間もなく死亡した場合

弟妹が家に残っていた場合、寡婦は生家に戻し、弟妹を家連続者に指定する。

残っていたのが弟であり、死亡した兄と年齢差がなければ、寡婦と弟の結婚(レビレート婚)が指定される。

弟妹も家に残って言いない場合は、婚入配偶者であった寡婦が、〈家連続者〉となり、あらたに婿を迎える。血筋としては〈中切れ〉になるがそれでも家は連続していく。

2)息子を残して最下世代夫婦の夫が死亡した場合

死者夫婦の息子を次の次の家連続者に指定したうえで、死者の弟ないし妹夫婦を〈中継ぎ〉として、息子が成人するまで家の運営を代理させる。息子の成人後、〈中継ぎ〉夫婦は分家を創設する[清水1987 211]

 

 (C)清水説(B)の補足 寡婦・寡夫の再婚による家の継承

 

清水説はフィールドワークに基づいて家の連続は、婚入者〈寡婦・寡夫〉を介しても実現されているという規則を提示した。婚入者〈寡婦・寡夫〉は家連続者としてあらたに配偶者を迎えることにより家は連続する。

 

〈家連続者〉は「婚入配偶者を迎えて家成員を増殖させるために、家がその内部に用意する家成員」と定義されるため、婚入配偶者たる嫁・婿は家成員であることを見事なロジックで立証している。

 ちなみに近世における女の道の教訓書では、「婦人は夫の家をわが家とする故に、唐土には嫁入りを帰るという。我が家に帰ることなり」(『女大学宝箱』)とあり、女の家は婚家であり、夫とともに婚家を継ぐ者ということが、日常道徳の規範とされていたという指摘があるが(柴桂子「歴史の窓 近世の夫婦別姓への疑問」江戸期おんな考14 2003年)、出嫁女の婚家帰属性については我が国も漢土法も近世朝鮮・韓国も同じことである。
 この点については東洋法制史の滋賀秀三(『中国家族法原理』創文社1967 459頁以下註16)によると女性は父の宗との帰属関係を有さない。父を祭る資格を有さないのである。女性は婚姻によってはじめて宗への帰属関係を取得する。夫婦一体の原則にもとづき、夫の宗の宗廟に事える義務を有し、死後、夫婦同一の墳墓に合葬され、考妣対照の二牌つまり夫婦で一組の位牌がつくられ、妻は夫と並んで夫の子孫の祭を享けるが、女性は実家において祭られる資格を有さず、未婚の女の屍は家墳に埋葬されず他所に埋める。つまり女性は生まれながらにして他宗に帰すべく、かつそれによってのみ人生の完結を見るべく定められた存在であった。白虎通に「嫁(えんづく)とは家(いえづくり)なり。婦人は外で一人前になる。人は出適(とつぐ)ことによって家をもつ」。「婚礼の挙行によって女性は確定的に夫宗〔夫の宗族〕の秩序に組み込まれる」。漢族は妻は夫の宗族に帰属する。韓国の門中も同じことである。

  比較文化的にいうと、日本と中国では入婿の扱いが違う・女家に婿入りする贅婿の「贅」の字には「余計なもの」「無駄なもの」という意味があり、「質」の意味があり質にとられた婿という意味もある[牧野巽(1985・初出1935

 

 20世紀前半期の北支、中支の民族学調査で、実は中国は完全な父系社会でなく、我が国とおなじく準父系である。後嗣のない家では、娘と単に子孫をつくるための社会的地位のない配偶者(入)という存在があり、これは宗法に反するので軽蔑の対象となった。

 

 日本ではたんに家を断絶させないための入贅という男性にとって軽蔑の対象となる婿入りという慣習はない。入婿が次期家長であるからで、この規則性をなくして、皇室に家を断絶させないための入贅 という中国的な下位制度を認めるのは適切ではない。

 

女性宮家で日本の醇風美俗が失われる危機

 

 

 皇室と庶民の家とは性格が異なる面があるとはいえ、当主となりえなない入婿という我が国にはない男性を侮辱する制度を肯定することの国民に与える影響は大きく、家族規範を混乱させることとなる。それゆえ女性宮家は絶対的に反対なのである。

 

 

〇幕末の淑子内親王の桂宮相続は女性宮家の先例とはいえない

 

  幕末の淑子内親王の桂宮相続が女性宮家の先例という主張に反論しておくと、近世の世襲親王家は、他の公家と同じように、幕府より知行を充行された近世的領主で、事実上、公家領を安堵している幕府の麾下にあった。中世の伏見宮家の家領であった室町院領や播磨国衙領といった皇室領と由来のものとは違うのである。。

 

 秀吉は諸公家、諸門跡の中世の知行を収公し再給付することより、知行充行権を掌握し [山口和夫, 2017]、これが徳川幕府に引き継がれたからである。 

 

 近世では、皇位継承予定者以外の皇子は入寺得度して宮門跡(法親王)が通例だが、世襲親王家が空主となった場合は皇子が宮家を相続する。

 

 文化7年(1810)桂宮を相続した光格皇子盛仁親王は2歳で夭折し、天保7年(1836年)仁孝皇子節仁親王が桂宮を相続したが4歳で夭折、長期にわたって桂宮は空位だった。しかし家領の経営は諸大夫により続いており、皇子が誕生したときのポストとしてとっておかれた。

 

 そうしたところ文久2年(1862年)10月桂宮家に仕える諸大夫たちが仁考皇女敏宮淑子内親王の桂宮家相続を願い出、幕府も承認したため、非婚内親王の当主は異例だが、文久3年(1863年)淑子内親王は宮家を相続した [久保貴子, 2002]。幕府は道具料500石を進上、時に35歳で生涯独身、慶応2年(1866)准后、一品、明治14年(1881)薨去により宮家は断絶した。

 

続く

 

シリーズ全体の引用・参考文献

 

阿部泰郎. (2018). 「芸能王の系譜」『天皇の歴史10天皇と芸能』. 講談社学術文庫.

 

安田政彦. (1998). 「延暦十二年詔」『平安時代皇親の研究』. 吉川弘文館.

 

伊藤喜良. (1997). 『南北朝動乱と王権』. 東京堂出版.

 

位藤邦生. (1973). 「無力次第也 「看聞日記」に見る伏見宮貞成の生きかた (中世文学(特集)). 国文学攷(62).

 

井原今朝男. (1995). 『日本中世の国政と家政』. 校倉書房.

 

井原今朝男. (2014). 『室町廷臣論』. 塙書房.

 

井山温子. (1995). 「しりへの政』その権能の所在と展開」. 古代史研究(13.

 

井上光貞. (1985初出は1964). (上光貞著作集一『日本古代国家の研究』. 岩波書店.

 

井上亘. (1993). 「光明立后の史的意義をめぐって」. 学習院史学 (31).

 

稲田利穂. (1989). 「曹源寺蔵「永正18410日和漢聯句」--翻刻と解説」. 岡山大学教育学部研究集録 (80).

 

稲葉伸道. (2019). 『日本中世の王朝・幕府と寺社』. 吉川弘文館.

 

榎村寛之. (2007). 「元・斎王井上内親王廃后事件と八世紀王権の転成 」. 国立歴史民俗博物館研究報告( 134.

 

園部寿樹. (2015). 資料紹介『看聞日記』現代語訳(五). 山形県立米沢治芳短期大学紀要 51.

 

遠藤みどり. (2015). 『日本古代の女帝と譲位』. 塙書房.

  

家永遵嗣. (2013). 「室町幕府と「武家伝奏」・禁裏小番」. 近世の天皇・朝廷研究大会成果報告集 5.

 

家永遵嗣. (2016). 「光厳上皇の皇位継承戦略」 . 桃崎有一郎・山田邦和『室町政権の首府構想と京都』所収.

 

家永遵嗣水野圭士ほか. (2019). <資料解題>解説と翻刻 国立公文書館所蔵『初任大饗記』, 国立歴史民俗博物館所蔵『義満公任槐召仰議并大饗雑事記』」. 人文 (17).

 

河西秀哉. (2008). 「象徴天皇制・天皇像の定着 ミッチー・ブームの前提と歴史的意義」. 同時代史研究(1.

 

河村政久史. (1973). 「昌子内親王の入内と立后をめぐって」. 史叢(7.

 

角田文衛. (1985初出1966). 「太皇太后藤原穏子」『角田文衛著作集第六巻平安人物志下』. 法蔵館.

 

角田文衛(2003)『二条の后藤原高子 業平との恋』幻戯書房

 

岸俊男. (1957). 「光明立后の史的意義」. ヒストリア(20.

 

岸俊男. (1969). 『藤原仲麻呂』. 吉川弘文館.

 

岩佐美代子. (1997). 『宮廷に生きる』. 笠間書院.

 

吉川真司. (1998). 『律令官僚制の研究』. 塙書房.

 

吉田賢司. (2017). 『足利義持』. ミネルヴァ書房.

 

吉田孝. (2006). 『歴史のなかの天皇』 . 岩波新書.

 

吉田常吉. (1976). 『幕末政治論集』. 岩波書店.

 

久水俊和. (2011). 『室町時代の朝廷行事と公武関係』. 岩田書院.

 

久水俊和. (2020a). 『中世天皇家の作法と律令制の残像』. 八木書店.

 

久水俊和. (2020b). 『中世天皇葬礼史――許されなかった〝死〟』. 戎光祥出版.

 

久保貴子. (1998). 『近世の朝廷運営 - 朝幕関係の展開』. 岩田書院.

 

久保貴子. (2002). 「江戸時代-武家社会のはざまに生きた皇女」服藤早苗編著『歴史のなかの皇女たち』. 小学館.

 

久保貴子(2009). 「近世天皇家の女性たち (シンポジウム 近世朝廷の女性たち). 近世の天皇・朝廷研究大会成果報告集 2.

 

橋本義則. (1996). 『平安宮成立史の研究』. 塙書房.

 

橋本義彦. (1976). 「中宮の意義と沿革」『平安貴族社会の研究』. 吉川弘文館.

 

近江昌司. (1962). 「井上皇后事件と魘魅について」. 天理大学学報(14.

 

近藤毅大. (1997). 「紫微中台と光明太后の『勅』」. ヒストリア(155.

 

近藤好和. (2019). 『天皇の装束』. 中央公論新社.

 

金井静香. (1999). 『中世公家領の研究』. 思文閣出版.

 

栗原弘(1990

「藤原内麿家族について」日本歴史 (511)

 

栗原弘. (2002). 「皇親女子 と臣下の 婚姻史一 藤原 良房 と潔姫の 結婚の 意義の 理解の た め に一」. 名古屋文理大学紀要2.

 

栗山圭子. (2001). 「准母立后制にみる中世前期の王家」『日本史研究』465号. 日本史研究465.

 

古藤真平. (2018). 『日記で読む日本史3 宇多天皇の日記を読む』. 臨川書院.

 

五味文彦. (2006). 『中世社会史料論』. 校倉書房.

 

荒川玲子. (1986). 「比丘尼御所に於ける御所号勅賜の意義」 . 書陵部紀要(38.

 

荒木敏夫. (1999). 『可能性としての女帝} . 青木書店.

久留島京子(1989)「市民社会の成立と女性論-メアリー・アステル」『史學研究』185,

高岸輝. (2017). 「天皇と中世絵巻」高岸輝・黒田智『天皇の美術史3乱世の王権と美術戦略 室町戦国時代』. 吉川弘文館.

 

高岸輝. (2020). 『中世やまと絵史論』. 吉川弘文館.

 

高橋康夫. (1978). 「後小松院仙洞御所跡敷地における都市再開発の実態室町時代京都の都市再開発に関する考察」. 日本建築学会論文報告集(263.

 

高橋康夫. (1978). 「戦国期京都の町 組 「六 町 」 の地域構造」. 日本建築学会論文報告集274.

 

高橋康夫. (1983). 『京都中世都市史研究』. 思文閣出版.

 

高橋典幸. (2019). 「南北朝動乱期の社会」『中世史講義』. 筑摩書房.

江森五夫(1973)『講座家族3婚姻の成立』弘文堂四章三節社会主義婚姻思想の展開

今江広道. (1983). 「八世紀における女王と臣下の婚姻に関する覚書」『日本史学論集』上巻所収. 吉川弘文館.

 

今谷明. (2000). 『室町時代政治論』. 塙書房.

 

佐々木宗雄. (1994). 『日本王朝国家論』名著出版1994. 名著出版.

 

佐藤賢一. (2014). 『ヴァロア朝-フランス王朝史2. 講談社現代新書.

 

佐藤長門. (2009). 『日本王権の構造と展開』. 吉川弘文館.

 

佐藤長門. (2009). 日本古代王権の構造と展開. 吉川弘文館.

 

桜井栄治. (2009). 『室町人の精神』. 講談社学術文庫.

 

桜田真理絵. (2016). 「未婚の女帝と皇位継承元正・孝謙天皇をめぐって. 駿台史学156.

 

桜田真理絵. (2018). 「女帝「非婚」と「未婚」のあいだ -「不婚の女帝」論の再検討-. 文化継承学論集 (13).

 

三崎裕子. (1988). 「キサキ宮の存在形態について」 . 史論41.

 

三村晃功. (1995). 「「永正8年月次和歌御会」をめぐって--725日和歌御会を中心に」. 光華女子大学研究紀要 (33).

 

三島暁子. (2002). 「室町時代宮中御八構の開催と記録」. 武蔵文化論叢二.

 

三島暁子. (2003). 「南北朝、室町時代の追善儀礼に見る公武関係」. 武蔵文化論叢三.

 

三島暁子. (2012). 『天皇・将軍・地下楽人の室町音楽史』. 思文閣出版.

 

三木太郎. (1953). 「椿葉記」より見たる持明院統分裂の原因長講堂領以下の所領を中心としてー」. 駒沢史学2.

 

山口和夫. (2017). 『近世日本政治史と朝廷』. 吉川弘文館.

山﨑雅稔(2001)承和の変と大宰大弐藤原衛4 条起請」歴史学研究』751号、(2001

山崎雅稔. (2012). 「藤原衛の境涯」. 帝京大学外国語外国文学論集(18).

山田敏之. (2017).「ヨーロッパ君主国における王位継承制度と王族の範囲―近

年まで又は現在、男系継承を原則とする国の事例―」レファレンス(802

山田敏之. (2018). 「旧皇室典範における男系男子による皇位継承制と永世皇族制の確立」. レファレンス(808.

 

山本啓介. (2013). 「後柏原天皇時代の内裏和歌活動について 時代背景と形式」. 日本文学629.

 

篠川賢. (2013). 『飛鳥と古代国家』. 吉川弘文館.

 

酒井信彦. (2002). 戦国時代の朝廷 朝廷の「式微」は真実か. 日本及び日本人1643.

 

酒井茂幸. (2009). 『禁裏本歌書の蔵書史的研究』思文閣出版.

 

所功. (2012). 『日本の宮家と女性宮家』「皇室史上の宮家制度」. 新人物往来社.

 

小森崇弘. (2008). 「後土御門天皇の月次連句文芸御会と公家」. 立命館文學 (606).

 

小川剛生. (2005). 『二条良基研究』. 笠間書院.

 

小川剛生. (2009). 「伏見宮家の成立 貞成親王と貞常親王」松岡心平編『看聞日記と中世文化』. 森話社.

 

小川剛生. (2017). 『中世和歌史の研究』. 塙書房.

 

小川剛生. (2020). 『徒然草をよみなおす』. ちくまブリマー新書.

 

小川剛生. (2020). 『二条良基 (人物叢書). 吉川弘文館.

 

小野則秋. (1944). 『日本文庫史研究 上巻』. 京都・大雅堂.

 

小林よしのり. (2010). 『ゴーマニズム宣言SPECIAL 新天皇論』. 小学館.

 

松永和浩. (2020). 「後光厳天皇-神器を欠き、都を逐れても」久水・石原變『室町・戦国天皇列伝』所収. 戎光祥出版.

 

松園斉. (1997). 『日記の家』. 吉川弘文館.

 

松薗斉. (2010). 「中世の宮家について-南北朝・室町期を中心に」. 人間文化 (25),.

 

松薗斉. (2014). 「戦国時代禁裏女房の基礎的研究 後土御門~後奈良天皇期の内裏女房一覧」. 愛知学院大学論叢 (44).

 

松薗斉. (2016). 「室町時代禁裏女房の基礎的研究  後花園天皇の時代を中心に」. 人間文化 愛知学院大学人間文化研究所紀要 (31).

 

上村正裕. (2018). 「しりへの政と皇后: 八・九世紀を中心に」. 日本歴史 (844),.

 

植木朝子. (2009). 「『看聞日記』にみられる楽器」松岡心平編『看聞日記と中世文化』. 森話社.

 

新田一郎. (2001). 「継承の論理-南朝と北朝」『岩波講座 天皇と王権を考える 2統治と権力」」. 岩波書店.

 

新田一郎. (2011). 『天皇と中世の武家』河内祥輔共著. 講談社.

 

森茂暁. (2017). 『室町幕府崩壊』. 角川文庫.

 

森暢平. (2014). 「昭和20年代における内親王の結婚: 「平民」性と「恋愛」の強調」. 成城文藝229.

 

森田大介. (2020). 「後柏原天皇-践祚二十年を経ての即位」久水・石原編『室町・戦国天皇列伝』. 戎光祥出版.

 

森茂暁. (2004). 『満済』. ミネルヴァ書房.

 

神谷正昌. (2020). 『清和天皇』. 吉川弘文館.

 

神田裕理. (2019). 『朝廷の戦国時代-武家と公家の駆け引き』. 吉川弘文館.

 

秦野祐介. (2020). 『乱世の天皇 観応擾乱から応仁の乱まで』. 東京堂出版.

 

秦野裕介. (2018). 常盤井宮恒興王への親王宣下. ブログ 室町・戦国時代の歴史・古文書講座, 11-04.

 

秦野裕介. (2020). 『乱世の天皇』. 東京堂出版.

 

秦野裕介. (2020). YouTube「京都のお寺の歴史 泉涌寺(御寺)天皇家の葬礼と変遷」. (ページ: 31以降). 日本史オンライン講座.

 

秦野裕介. (2020). YouTube中世の皇位継承16 後小松上皇 後光厳流の断絶と継承. 日本史オンライン講座.

 

秦野裕介. (2020). YouTube中世の皇位継承17 後小松上皇と後花園天皇. 日本史オンライン講座.

 

水間政憲. (2019). 『ひと目でわかる皇室の危機 ~天皇家を救う秘中の秘」. ビジネス社.

 

水野智之. (2005). 『室町時代公武関係の研究』. 吉川弘文館.

 

水野智之. (2014). 『名前と権力の中世史 室町将軍の朝廷戦略』. 吉川弘文館.

 

水野柳太郎. (2008). いわゆる光明立后の詔について. 奈良史学 (26).

 

成清弘和. (1999). 『日本古代の王位継承と親族』. 岩田書院.

 

清水昭俊. (1970). <>の内的構造と村落共同体 : 出雲の<>「「<>の内的構造と村落共同体 : 出雲の<>制度・その一」. 民族學研究 35(3).

1973)「<>と親族 : 家成員交替過程() : 出雲の<>制度・その二」『民族學研究』 38(1),

清水昭俊. (1987). 『家・身体・社会 家族の社会人類学』. 弘文堂.

 

盛本昌広. (2008). 『贈答と宴会の中世』. 吉川弘文館.

西島正. 1954「ミルトンの女性觀」紀要 3

西嶋定生. (1999). 『倭国の出現 東アジア世界のなかの日本』 1999. 東京大学出版会.

西別府元日. (2002). 『律令国家の展開と地域支配』. 思文閣出版.

 

川上多助(1982)『平安朝史学』上 初版1930 昭和57年 国書刊行会

 

川崎晃. (2004). 「聖武天皇の出家・受戒をめぐる憶説」三田古代史研究会『政治と宗教の古代史』. 慶応義塾大学出版会.

 

川西正彦. (2006). 仁藤敦史『女帝の世紀』批判(1)~(4. http://antilabor.cocolog-nifty.com/blog/cat20259607/index.html.

 

浅見雅男. (20102018). 『大正天皇婚約解消事件』. 角川ソフィア文庫.

浅山郁(1985)「女子差別撤廃条約の報告制度と締約国からの報告 (女性そして男性) -- (外国における女性と法) 」『法学セミナー増刊 総合特集シリーズ 』日本評論社  (通号 30)

前田雅之. (2018). 『書物と権力 中世文化の政治学』. 吉川弘文館.

 

早川庄八. (1993). 『続日本紀(古典講読シリーズ)』. 岩波セミナーブックス.

 

相馬真理子. (1997). 「琵琶の時代から笙の時代へ--中世の天皇と音楽」. 書陵部紀要 (49).

 

増田忠彦. (2013). 「資料にみえる 碁の上手たち(江戸時代以前の碁打たち). 大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要 (15).

 

村井章介. (2005). 「易姓革命の思想と天皇制」『中世の国家と在地社会』. 校倉書房.

 

村井章介. (2005初出1997).  『中世の国家と在地社会』. 校倉書房.

 

村田正志. (1954初刊、1984). 『村田正志著作集第四巻證註椿葉記」. 思文閣出版.

 

村田正志. (1983(初出1944). 「後小松天皇の御遺詔」『村田正志著作集第二巻続南北朝史論』. 思文閣出版.

滝沢正彦(1997)「『失楽園』の夫婦像-「人間」への成長としての原罪-」辻裕子,佐野弘子編 『神、男、そして女 : ミルトンの『失楽園』を読む 』 英宝社

瀧浪貞子. (1991). 『日本古代宮廷社会の研究』「孝謙女帝の皇統意識」. 思文閣出版.

瀧浪貞子(2017)『藤原良房・基経』ミネルヴァ書房

谷口やすよ. (1978). 「漢代の皇后権」. 史学雑誌87(11.

 

谷口研語. (1994). [流浪の戦国貴族 近衛前久』. 中公新書.

 

谷田博文. (2019). 『国家はいかに「楠木正成」を作ったのか』. 河出書房新社.

 

池和田有紀. (2020). 崇光天皇-北朝皇統分裂の始まり. 久水俊和・石原比伊呂編『室町・戦国天皇列伝』, 戎光祥出版.

 

竹島寛. (1982復刊、1936). 『王朝時代皇室史の研究』. 名著普及会1982復刊.

 

中込律子. (2005). 「三条天皇」元木泰雄編『古代の人物6 王朝の変容と武者』. 清文堂出版.

 

中川八洋. (2018). 『徳仁新天皇陛下は最後の天皇』. ヒカルランド.

 

中川八洋. (2019). 「「旧皇族の復籍」妨害に全力疾走の赤い山羊八木秀次 ──“天皇制廃止狂の正体を厚化粧隠しする八木秀次の二枚舌話法. ブログ 中川八洋ゼミ講義.

 

中村みどり. (2002). 「一世皇子女の親王宣下と源氏賜姓」. 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編(1.

 

中村みどり. (2014). 「延暦十二年の詔- 皇親女子の婚制緩和の法令」. 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編 (13).

 

中村順昭. (2019). 『橘諸兄』. 吉川弘文館.

 

中林隆之. (1993 1994). 「律令制下の皇后宮職(上)(下). 新潟史学31 32.

 

仲隆裕・浅野二郎・藤井英二郎. (1995). 「わび茶と露地 (茶庭) の変遷に関する史的考察 その9: 禁中の茶とその茶庭」. 千葉大学園芸学部学術報告 (49).

 

猪瀬千尋. (2018). 『中世王権の音楽と儀礼』. 笠間書院.

 

朝倉尚. (1990). 『就山永崇・宗山等貴』. 清文堂.

 

田村航. (2013). 『一条兼良の学問と室町文化』. 便誠出版.

 

田村航. (2018). 「伏見宮貞成親王の尊号宣下-後光厳院流皇統と崇光院流皇統の融和 」. 史学雑誌 127(11).

 

田村航. (2020). 「後花園天皇-後光厳流か、崇光流か」久水・石原編『室町・戦国天皇列伝』. 戎光祥出版.

 

田島公. (1997). 「禁裏文庫の変遷と東山御文庫の蔵書」大山喬平教授退官『日本社会の史的構造 古代・中世』. 思文閣出版.

 

田島公. (2004). 「典籍の伝来と文庫 古代中世の天皇家ゆかりの文庫・宝蔵を中心に」石上英一『歴史と素材』所収. 吉川弘文館.

 

田島公. (2006). 「中世天皇家の文庫・宝蔵の変遷」『禁裏・公家文庫研究 第二輯』. 思文閣出版.

 

島薗進. (2019). 『神聖天皇のゆくえ』. 筑摩書房.

 

桃崎有一郎. (2020). 『室町の覇者足利義満-朝廷と幕府は以下に統一されたか』. 筑摩書房.

 

藤田寛. (2011). 『江戸時代の天皇』. 講談社学術文庫.

 

藤田高夫. (1990). 「前漢後半期の外戚と官僚機構」. 東洋史研究 , 48(4).

 

藤木邦彦. (1991). 『平安王朝の政治と制度』. 吉川弘文館.

 

波田永実 . (2017). 「国体論の形成~南北朝正閏論争からみた南朝正統観の歴史認識」. 流経法學16(2).

 

梅村恵子. (2000). 「天皇家における皇后の地位」伊東・河野編『おんなとおとこの誕生4古代から中世へ』. 藤原書店.

 

白根陽子. (2018). 「伏見宮家領の形成」『女院領の中世的展開. 同成社.

 

飯倉晴武. (2000). 『地獄を二度もみた天皇 光厳院』. 吉川弘文館.

 

飯倉晴武. (2002). 『日本中世の政治と史料』. 吉川弘文館.

 

飯倉晴武. (2009). 「伏見宮本の変遷-書陵部での整理と書名決定-」. 禁裏・公家文庫研究第三輯.

 

坂本 進(2004)「キリスト教と自然法--統合に必要な政治倫理の基底をなすもの」社学研論集 (3),

 

武部敏夫. (1960). 「世襲親王家の継統について--伏見宮貞行・邦頼両親王の場合」. 書陵部紀要12.

 

服藤早苗. (1991). 『家成立史の研究』 . 校倉書房.

 

福井憲彦. (2019). 『教養としてのフランス史の読み方』. PHP研究所.

 

文殊正子. (1986). 『内親王』号について 『公主』号との比較. 古代文化 38(10).

 

兵藤裕己. (2018). 『後醍醐天皇』. 岩波新書.

 

米田雄介. (1992). 『歴代天皇の記録』. 続群書類従完成会.

 

米田雄介. (2004). 「皇親を娶った藤原氏」続日本史研究会『続日本紀の諸相』. 塙書房.

 

保科季子. (2002). 「天子の好逑 : 漢代の儒敎的皇后論」『東洋史研究』612. 東洋史研究612.

 

保田卓. (1997). 『日本における規範について その状況依存性の歴的考察(後編)). 教育・社会・文化研究紀要4.

 

保立道久. (1996). 『平安王朝』. 岩波新書.

 

豊永聡美. (2017). 『天皇の音楽 古代・中世の帝王学』. 吉川弘文館.

 

豊永聡美. (2020). 「後土御門天皇-心を砕いた朝議復興-」久水・石原編『室町・戦国天皇列伝』. 戎光祥出版.

 

北啓太. (2016). 「禁裏文庫と近衛家」田島公編『近衛家名宝からたどる宮廷文化史』. 笠間書院.

 

北條文彦. (2002). 「中世に於ける長講堂の供花の沿革について」. 駒沢史学 (58).

 

本田滝雄. (2007). 「公立学校施設の目的外使用不許可処分と司法審査」. ジュリスト1332.

 

末柄豊. (2011). 「伏見宮旧蔵文書二題」. 東京大学史料編纂所研究成果報告2011-3.

 

末柄豊. (2012). 「禁裏文書における室町幕府と朝廷」. ヒストリア(230.

 

末柄豊. (2012). 「十三絃道の御文書」のゆくえ」. 日本音楽史研究(8.

 

末柄豊. (2018). 『戦国時代の天皇』. 山川日本史リブレット.

 

木原弘美. (1995). 「 絵巻の往き来に見る室町時代の公家社会その構造と文化の形成過程について. 佛教大學大學院紀要 23 .

 

木本好信. (2004、初出2002). 『奈良時代の藤原氏と諸氏族』おうふう. .

牧野巽(1985・初出1935)「中国における家族制度」『牧野巽著作集第6巻』御茶の水書房

野村育代. (1992). 「王権の中の女性」峰岸純夫編『中世を考える家族と女性』吉川弘文館. 吉川弘文館.

 

野村玄. (2019). 「安定的な皇位継承と南北朝正閏問題 明治天皇による「御歴代ニ関スル件」の「聖裁」とその歴史的影響」. 大阪大学大学院文学研究科紀要(59.

 

龍野加代子. (1997). 「八条院領の伝領過程をめぐって」『法政史学』49号. 法政史学(49.

 

廣木一人. (2001). 「後土御門天皇家の月次連歌会」. 青山語文31.

 

 (追加・承和の変関連)

玉井力(1964)「承和の変について」歴史学研究286 

福井俊彦(1970)「承和の変についての考察」日本歴史260 (1970

遠藤慶太(2000)「『続日本紀』と承和の変」古代文化52

神谷正昌(2002)「承和の変と応天門の変」史学雑誌111111

佐藤長門(2012)「承和の変前後の春宮坊」『日本古代の王権と東アジア』吉川弘文館所収

仁藤智子(2016)「平安初期における后位の変質過程をめぐって 王権内の序列化と可視化」国士館人文学48

村上 史郎(1999)「九世紀における日本律令国家の対外意識と対外交通--新羅人来航者への対応をめぐって」史学 69(1)

奥村佳紀(1971)「新羅人の来般について」駒沢史学 (18)

 

 

 

 

 

 

« 内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案は排除すべき--「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議批判その1 | トップページ | 内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案は排除すべき--「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議 を批判する その3 »

皇室典範」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案は排除すべき--「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議批判その1 | トップページ | 内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案は排除すべき--「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議 を批判する その3 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築